▲おなかにいっぱい、あやかしの種21話▲
見えないあかる!
クラスメイトの前で強制種付け!!

おなかにいっぱい、あやかしの種(著:佐藤沙緒里)最新話、21話『見えないあかる!クラスメイトの前で強制種付け!!』編が、スマホデジタルコミック配信サイトより2018年5月4日(金)より先行配信されました。

おなかにいっぱい、あやかしの種21話『見えないあかる!クラスメイトの前で強制種付け!!』編は、サトリの術によって、存在を消されてしまったあかるが、クラスメイトたちの目の前で、サトリに種漬けされちゃう!?、大興奮の内容になってます。

このページは、あやかしの種、最新話である21話『見えないあかる!クラスメイトの前で強制種付け!!』編を無料サンプル画像をたっぷり掲載しながら、ネタバレ必至の情報を無料公開しています。

「絶対、ネタバレNG!」って方、また、今すぐ本編をご覧になりたい方は、下記の画像バナーをタップして本編をご覧ください。無料立ち読みもできちゃいます♪

今すぐ本編を読む!
↓↓↓↓↓↓

▲バナーをタップして!▲

おなかにいっぱい、あやかしの種21話『見えないあかる!クラスメイトの前で強制種付け!!』編 画像付あらすじ

リンの屋敷でサトリの嫁にふさわしいかの怪しい身体検査を受けていたアカル。

いつの間にか眠り込んでしまった彼女は夢を見ていた。

 

少女のころのアカル…、彼女の両親は共稼ぎで家を空けがち…、アカルはいつも一人ぼっちで留守番をしている。

ある日、謎の恐怖症に悩むアカルを心配して、両親は都会の生活を捨てて、田舎に引っ越そうと、

「でも、お仕事が…」

と、両親に気を使って口ごもるアカルに

「私たちのことは、大丈夫だから…」

と、アカルを心配そうに見守る両親…。

しかし、アカルには、理由が分からない娘の怯え症(?)のために、都会で成功する夢を諦めなければならない悔しさを爆発させる、もうひとりの彼らの姿がハッキリと見えていたのだった。

 

家族にも、あやかしが見えてしまう恐怖を解ってもらえない悲しさと、両親の足手まといになってる自分の存在への自虐意識に襲われて、ワナワナと震える少女のアカル…。

その時…、

「君がどれほどの恐怖を感じたか、彼らには分からない…。でも、おれには分かるよ、あれならあかるを分かってあげられる…」

という声に目を覚ました。

 

眼の前にはサトリが笑みを浮かべて添い寝をしていた。

びっくりして飛び起きたアカル!、そのまま部屋を飛び出すと、廊下にリンの姿が見えたので、

「リン!、しっ知らない人が…」

と、リンに助けを求めるように呼びかけたのだが、リンはアカルの存在に全く気がついていない様子で、左乃と言葉を交わしながら廊下を去って行く…?!

「え…、なんで…?」

と、唖然とするアカルの背後から、

「キミとオレは、今、他者の一切の感知を受けない」

と、サトリが囁く、彼の術でアカルは存在を消されてしまったのだ。

 

 

自分の置かれた状況を理解できないアカルは、リンを追って学校へ向かう。サトリもアカルを追って学校へ。

教室を覗くと、リンと犬上とアカルになりすました右介が、3人で談笑しているのが見えた。

教室の扉の前で唖然としているアカル本人には、誰も気が付かない。

「なんでこんなこと?」

独り言のようにつぶやいたアカルに、

「誰にも脅かされたくない、迷惑をかけたくない、いっそ消えてしまいたい、そんなふうに、もうひとりのキミが言ったんだ。」

と、薄笑いを浮かべギロリと目を剥いて視線を突きつけるサトリ。

 

アカルは、自分の置かれてる状況をやっと理解し、急に怖くなって、その場から逃げ出そうとするが、スグにサトリの捕まってしまう。

 

「オレは遊びたいだけなんだよ…」

と、アカルのうなじに噛み付いたり舐め回したりしてくるサトリ。

 

恐怖と快楽が混じったようなアカルの挙動に興奮したサトリは、さらにエスカレート!、両手でアカルの太もも掴んでそのまま持ち上げると股ぐらに顔を突っ込んでクンニ!、声を押し殺そうとするアカルを、腰の位置までそっと下ろすと反り返ったイチモツを一気に挿入、駅弁スタイルファック!。

 

恐怖と快楽に必死に耐えるアカル、周囲はそんな状況の彼女に全く気づかず、日常が淡々と過ぎていく…。

リンに助けを求めようとするアカルにサトリは、

「たとえ気づいても彼は助けてくれないよ…、彼はオレの子供を産ませるために、きみのそばにいたんだから…」

と、意味深な言葉を吐いた…

 

この続きはコチラ
↓↓↓↓↓↓

▲画像をタップしてみて▲

おなかにいっぱい、あやかしの種 21話『見えないあかる!クラスメイトの前で強制種付け!!』編 管理人の感想

約4ヶ月ぶりの【おなかにいっぱい、あやかしの種】最新話です。

今話の見どころは、教室でのアカルとサトリの公開種付けシーンですね。

公開といっても、マジックミラー号状態、ヤッてる本人達はまる見られ感があるけど、周囲の人はまるで気づいていないってヤツですけどね。

立ちマングリ返しからの駅弁ファックは迫力ありますねぇー、シミケンでもこの技は出せないでしょう。

 

ストーリーの展開も、どんどん深く、核心に迫ってきてる感がありますね。

佐藤沙緒里先生の注釈やセリフは、ドキッとするような深みを感じるモノが多い…

「人間はいつも
もう一人…

心の中の
自分を連れている…

もう一人は
すごく正直で…」

とか、

「誰にも脅かされたくない、
迷惑をかけたくない、
いっそ消えてしまいたい…

そんなふうに、
もうひとりのキミが言ったんだ。」

とかね、まるでポエムを読んでるみたい。

 

気になったところは、アカルのおなかの中のリンのマーキングは、サトリによって解除されちゃったんですかね?

となると、アカルはサトリの子供を孕んでしまうんでしょうか?

 

「たとえ気づいても彼は助けてくれないよ…、彼はオレの子供を産ませるために、きみのそばにいたんだから…」

ていう、サトリのセリフも気になります。

あー、また4ヶ月くらい次話をまたなければならないかと思うと…、長い…待ち遠しい。

そんなフリも超効いてて、怪しくも愛おしい佐藤沙緒里ワールド全開の【おなかにいっぱい、あやかしの種】21話 見えないあかる!クラスメイトの前で強制種付け!!編、絶対にお見逃しなく!!!。

おなかにいっぱい、あやかしの種21話
▼▼▼▼▼▼▼