▲おなかにいっぱい、あやかしの種17話▲
『呪われた!?文化祭 あかるがねっとり舌奉仕』編

おなかにいっぱい、あやかしの種(著:佐藤沙緒里)最新17話・『呪われた!?文化祭 あかるがねっとり舌奉仕』編が、スマホデジタルコミック配信サイト「コミなび」にて2017年1月26日より先行配信されました。

おなかにいっぱい、あやかしの種17話は、文化祭最中に起きたあやかしたちの奇病(呪術)を、あかるがやさしく、エロく介抱するシーンが見どころです。

このページは、あやかしの種、最新話・17話の画像を取り入れ、ネタバレ必至の情報を無料公開しています。

ネタバレNGって方、また、今すぐ本編をご覧になりたい方は、下記の画像バナーをタップしてコミなびにアクセス、本編をご覧ください。

今すぐ本編を読む!
↓↓↓↓↓↓
▲バナーをタップして!▲

おなかにいっぱい、あやかしの種17話『呪われた!?文化祭 あかるがねっとり舌奉仕』画像付あらすじ

あかるの学校では、文化祭が催されていた。

午後から、文化祭の当番をすることになっている あかる は、犬上と一緒に登校していた。

 

すると校門のところで待ち構えていた鬼一とバッタリあって、またいつもの、鬼と犬の小競り合いが勃発する。

そのまま、校門を喧々諤々と通り抜けようとした時、

「おまえらぁー、止まれぇー!」

という、リンの忠告がとぶと同時に、鬼一、犬上、二人に激しい痛みと痺れが襲う!?、その場で倒れ込んでしまった。

 

あかるは、駆け寄ってきたリンと一緒に彼らを保健室に運んだ。

保健室に入ると、鬼一・犬上と同じような症状でぐったりしているあやかしらが数名すでに運ばれてこまれていた。

 

陰の気が強いあやかしをターゲットにした呪術に引っかかってしまい、呪力に纏わりつかれてカラダの自由を奪われてしまったのだった。

後に、この呪術のトラップ(御札)を校内に仕掛けた犯人は、斎賀つかさであることが判明するのだが、彼女が呪力を解くことができるとは限らない。

 

苦しんでるあやかしたちをみて、あかるはリンと協力してあやかしたちに纏わりついてる呪力の排除をしてあげるのだった…

この呪力の排除方法が…!?

 

 

この続きはコチラ
↓↓↓↓↓↓

▲画像をタップしてみて▲

おなかにいっぱい、あやかしの種 17話『呪われた!?文化祭 あかるがねっとり舌奉仕』 管理人の感想

16話で、斎賀姉弟が出てこなかったんで、もう斎賀姉弟編は終了して、新たな章に入るのかな?なんて思ったんですが、あやかしとあかると斎賀姉弟の三角関係(バトル)が中心となって続くようですね。

今話もあまりハードなカラミはないんですが、女性作家、佐藤沙緒里先生独特の絵からにじみ出てくるようなエロさをビンビンに感じさせてくれます。特に後半、あやかしたちの呪力を解いてあげるシーンはゾクゾクします。

 

 

また、飛頭蛮や垢舐め、湖水などのなつかしいキャラや、家鳴りや野袋などのNewーキャラ(多分?)カワイらしいあやかしたちを観れたのも嬉しかったですね。あーそうそう、二首の保険医の先生って「どうもこうも」ってあやかしだった知ってました?。

 

 

それから、犬上ファンのわたしとしては、彼がカラダを引きずりながら保健室を出ていくシーンがステキでした。愛するあかるのことを気遣ってる感じが、胸キュンものです。

さらに、今話のラストは、犬上くんの御見舞にあかるが彼の部屋を訪れたところで“つづく”になってます。犬上くんとあかるの関係に進展がみられるかも?次話も期待大です!

 

おなかにいっぱい、あやかしの種17話
『呪われた!?文化祭 あかるがねっとり舌奉仕』

▼▼▼▼▼▼▼

試し読みバナー