大人気オトナ漫画【おなかにいっぱいあやかしの種】をはじめ、佐藤沙緒里先生の作品を紹介します。多少、ネタバレあり!お嫌な方は、ご注意くださいね♪

『おなかにいっぱい、あやかしの種』第2話 「おなかが、怖いくらいキモチよくって…」ネタバレ

『おなかにいっぱい、あやかしの種』第2話 「おなかが、怖いくらいキモチよくって…」のあらすじを紹介します。

ネタバレ気味の内容になるので、イヤな方は、今すぐコチラから、本編をご覧くださいね。

↓↓今すぐ本編を購読する↓↓
特別単価コミなび(あやかしの種ver.2)※(ios/Android対応)
▲無料立ち読みもコチラで!▲

第2話「おなかが、怖いくらいキモチよくって…」あらすじ

麒麟のあやかし、転校生の江口リンに放課後、家に招待されてついてきたあかる。

そこで、少女のあかるにとっては、あまりに過激な内容の手伝いをリンから頼まれる。

その過激な手伝いの内容とは、絶滅危惧種のあやかしの保護活動の一環として、それらのあやかしの精子を収集すると言うもの。

 

「そんなの!!?そんなのム…………り?」

 

…と、いきなり麒麟の姿になっていたリンにビビりながら答える、あかる。

「あかる、お前にはまずあの犬っころと交尾をしてほしい」

と、なんのお構いもなしに、リンがあかるに最初の仕事の依頼をする。

戸惑うあかるにリンは説得する。

 

「(あやかしが)見えないようになりたいか?」

「え…………?」

 

“サトリの目”の本来の持ち主である、あやかしと出会えれば、普通の人間に戻れるだろうとリンは言うのだ。

そして、あかるは、本来の自分を取り戻すために、リンの依頼を受けることを決心する。

 

しかし、あかるはあやかしどころか、人間の男性も知らないヴァージンで、どうしたら、男が射精するのか?男の悦ばせ方を知らない無垢の少女だった。


そこで、リンが直々に、精子の取り方(?)をレクチャーするのだが…

 

あかるの処女喪失シーンは
コチラから>>処女と麒麟の獣姦!

↓↓続きは画像をタップして!↓↓
特別単価コミなび(あやかしの種ver.2)※(ios/Android対応)
▲無料立ち読みもコチラで!▲

【おなかにいっぱい、あやかしの種】 デジコミ界の女王・佐藤沙緒理作品ネタバレ…

お知らせ

コンテンツ・MENU

PAGETOP